HOME > トピックス

トピックス

第42回日本臨床矯正歯科医会大会とトヨタ会館とトヨタ自動車工場見学 
                                 山崎和佳菜

 
トヨタ工場見学
平成27年2月10日(火)にトヨタ工場見学いってきました。
全て流れ作業で、それぞれ細かく作業が分けられているうえに
手順も決められていて、慣れた手つきで間違いのないように徹底して
作業をされていました。何か異常が見つかった場合には、
その場でラインストップして、リーダーが必ず確認にくるなどして
きめられた時間の中で不良品をださないように、
それぞれ役割分担された仕事を責任持ってされていました。
また、工場の約半分ソーラーパネルをつかっていているという事で
かなりのコスト削減に成功しているようです。
トヨタ工場見学をして思った事は、無駄がなく効率的だと感じました。

トヨタ会館
トヨタ会館には、様々な車が展示されてありました。
車にのったりすることも出来るので、見て触れて楽しめました。
トヨタの歴史が分かりやすくかいてあり、歴史を知る事が出来、
昔と今の車があまりにも違っていたのでおどろきました。
特にすごいと思ったのは、トランペットを演奏するロボットに
目を奪われました。とても未来を感じる事のできる展示品に衝撃が走りました。

平成27年2月11日(水・祝)12日(木)第42回日本臨床矯正歯科医会大会に参加してきました。
『歯を動かす矯正治療だから知っておきたい歯周組織と歯周病の基礎知識』
                              中川 種昭

歯周病は、糖尿病と比例していて糖尿病になると2.6倍歯周病になりやすい。
ということが分かっています。歯周病になると糖尿病が悪化するとも言われています。
また、低体重出産、心内膜炎、関節リウマチ、動脈硬化、喘息、骨粗鬆症、肺炎・・・と、
歯周病は体全体に影響があると言われています。
歯周病を予防するには、ブラッシングで歯垢を壊す事が大事です。
進行が浅ければブラッシングで壊せますが、進行が進んでいたらブラッシングでは落とせません。
そうなってしまう前に歯周予防をしていかなくてはいけないと思いました。

『矯正治療におけるチームワークの重要性
                ‐トラブルの少ない診療を目指して‐』
                              本田 薫 
患者さんの気持ちをスタッフが瞬時に患者の気持ちを共有する事が大事。
トラブルの少ない診療を目指すために情報共有の具体例を可能にしたITツールによって、
問診票はi Pad入力や、スタッフ用カルテは電子カルテに
することによって、時間短縮に繋がり、未来院の人のもれなどがなくなります。
また、患者さんの情報を瞬時に見る事が出来るので、情報共有がしやすくなります。
私も患者さんとお話しする機会があります。
装置を入れるタイミングを、患者さんの立場になって考えたり
スムーズに患者さんの質問などに対応出来るようにしていきたいと思いました。

『患者を“その気”にさせるMFT‐Labプロファイルの活用‐』
                              金高 由香

LABプロファイルとは、相手の会話や行動から思考の特徴をパターンとして読み取り、
そのパターンが持つ肯定的な側面を表現することで相手に影響力を与えたり、
肯定的な反応を引き出すスキルのことです。
舌癖があると、歯並びに影響があります。舌癖があるひとは舌癖をなおすために
MFTといった舌癖を治すトレーニングをします。しかし、患者さん本人のやるきだけではなく、
家族や周りの人たちの協力やスタッフが上手にモチベーションアップしていきサポートして成り立つ事です。
患者さんにかける言葉一つ一つに心に響く言葉を選んでもちかける事が重要です。


『歯科衛生士はチーム医療のキーパーソン!』
                            奥村 智永子

初診カウンセリングにあたり、歯科衛生士が知っておくべきことがいくつかあります。
矯正治療の流れ(期間、内容)、矯正装置の種類(使用方法、痛みなど、他の医院で使っている装置も)、
矯正治療の方法(抜歯、外科手術など)、費用(支払い方法、保険の適応、自立支援制度)、
転位のシステム、他科との連携(一般歯科、口腔外科)・・・などを知っておく必要があるそうです。
患者さんと向き合う機会が多いのは歯科衛生士ではないかというお話を聞き、
私も同じように感じました。私も、もっと患者さんとの距離を縮めて、
信頼されるようになりたいと感じました。

初めての学会参加でしたので、とても緊張しましたが、いろんな先生の講演をうけて
自分に出来る事をたくさん取り入れていきたいと思いました。