HOME > トピックス

トピックス

2013年10月7日〜9日に長野県松本市のキッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)と松本市総合体育館で開催された第72回日本矯正歯科学会大会に参加し、学術展示発表をしてきました。

今回の第72回日本矯正歯科学会大会は「矯正治療後の安定性を求めて -リスク管理を踏まえて-」をメインテーマに行われました。
私は今回の症例展示発表は「McLaughlin システムを用いた過蓋咬合症例」と言うタイトルで、いつも勉強している研究会の先生方と共同で8症例を展示しました。私はそのうち菅沼矯正歯科で治療した1症例を発表しました。

大会は特別講演1で顎関節症の第一人者Jeffrey Okeson先生が「Maintaining a Health Masticatory System with Orthodontics」と題した矯正歯科治療中の顎関節症のリスク管理に関して講演をされました。 研修医時代に抄読会をしたOkeson先生の教科書「顎口腔機能異常と咬合のマネージメント」を思い出しました。
また、特別講演2では元小泉首相の秘書官で現在、安倍内閣の内閣官房参与の飯島勲氏による「国家のリスク管理、日本の政局ついて」という講演が行われました。迫力のあるお話しぶりでした。
特別講演3はSheldon Peck先生の「Extraction, Retention, and Stability: The Search for Orthodontic
Truth」と題した講演が行われました。
さらに、シンポジューム1では「歯科界における矯正歯科の役割」が、シンポジューム2では「歯科矯正用アンカースクリューの臨床における応用と注意」をテーマに討議が行われました。
臨床セミナーでは「より良い治療結果を求めて」と題して数名の先生から講演が行われました。

その他、非常に盛りだくさんで、朝から晩まで3日間充実したプログラムでした。 講演やシンポジュームを聴くのももちろん、商社展示を拝見したり、学術展示発表や症例展示発表を拝見したり、そして、久しぶりにお逢いする先生と情報交換したりと充実した3日間を過ごしました。

長野県松本市とアクセスが悪いながらも来場者の方も多く盛況な学会でした。学会のプログラムが非常に充実した内容だったためだと思います。とても勉強になった。3日間の日本矯正歯科学会大会でした。