HOME > トピックス

トピックス

2013年9月4日〜5日に愛知県豊橋市の穂の国とよはし芸術劇場PLATとホテルアークリッシュ豊橋で開催された第18回成育歯科医療研究会大会に参加してきました。その模様をレポートします。

今回は私の地元・豊橋で開催される大きな規模の研究会でしたので、大会長を務められた近藤俊先生(藤田保健衛生大学医学部 形成外科学講座 矯正歯科・小児歯科部門)から早くから大会参加の誘いを頂き、少しでも大会の成功に協力できればと思いはじめて参加させていただきました。 大会前日の3日の夜に豊橋にお越し頂いた先生を豊橋の夜の町でお食事していただくようにセッティングしました。お二人の先生と焼鳥を食べながらいろ色な情報交換をさせていただきました。そして、大会長をお待ちしていたのですが前日準備が忙しかったようで、大会長が合流された時にはお店は閉店時間を迎えてしまって残念でした。次のお店では遅くになって豊橋に到着された先生も合流し、山形、金沢、東京、奈良、兵庫、愛媛、岐阜、そして僕と近藤大会長が愛知で全国から豊橋に集まっていただけた事がうれしくて遅くまで遅くまで矯正歯科治療の事をいろいろと議論を交わしました。

4日の午前中には奈良県橿原市で岡下矯正歯科をご開業されている岡下慎太郎先生が菅沼矯正歯科にオフィス見学にお見えになりました。私もスタッフも束の間の刺激を頂きました。



そして、午後から第18回成育歯科医療研究会大会に出席しました。
開会式、近藤俊大会長のご挨拶の後、最初のプログラムとして「過去を振り返って、これからを目指す歯科医療」と題してオープニングレクチャーが行われました。
・Child Support Strategy and Approach for Child Health and Development   ー過去を知り、未来へ繋ぐ成育歯科医療を考えるー      森下 格先生(雪の聖母会 聖マリア病院 矯正歯科) ・過去を振り返って、これから目指す矯正歯科治療      常磐 肇先生(鶴見大学歯学部 歯科矯正学講座)

お二人とも、なんお打ち合わせをしていないのにも関わらず、そろって歯科医師教育の重要性をご指摘されていたのがとても印象的でした。

その後、3つのグループに分かれてクリニカルカンファレンス『多数歯部分性無歯症を認める生活者例』が行われました。
・少数歯から多数歯永久歯先天欠損の治療計画について 嶋浩人先生(しま矯正歯科)
・私の望まない状況ってなんだろう? 町田直樹先生(となみ野歯科診療所)
・同じ目線に立つというのはどういうことなのか 春木隆伸先生(はるき小児・矯正・歯科)

私は町田先生のクリニカルカンファレンスに参加させていただきましたが、参加された各先生の提示された症例に対する意見や治療方針等をお聞きさせていただき、私自身も発言させていただきましたが、その先生の専門分野によって矯正歯科医、小児歯科医、一般歯科医の見方が少しずつ異なっていることが興味深く感じました。

クリニカルカンファレンス終了後に会場をホテルアークリッシュ豊橋に移し懇親会が行われました。多くの先生と知り合うことが出来、お話しさせていただきとても有意義な懇親会でした。そして、2次会、3次会と話が尽きること無く盛り上がった夜でした。

2日目は早朝の7時30分からホテルアークリッシュ豊橋にてモーニングレクチャーからスタートしました。アメリカのAngle Societyのごとく朝早くからのスタートでした。
モーニングレクチャーは『先天性欠如歯の臨床 -多数歯の先欠について(6歯以上)-』と題して嘉ノ海龍三先生(カノミ矯正・小児歯科クリニック)が講演されました。
豊富な症例でいろいろな治療法を考えて行っていてとても素晴らしい講演でした。とても参考になりました。



その後、場所をPLATに移動し今村基尊先生(藤田保健衛生大学医学部 形成外科学講座 矯正歯科・小児歯科部門)による教育講演『生物学からみた歯数異常 〜歯の欠損を中心に〜』が行われました。哺乳類の進化の過程から歯数の異常について考察された興味深い講演でした。

一般講演で『Oligodontia(部分性無歯症)と埋伏下顎智歯の90°水平化は、歯とアゴの遺伝的退化現象の序章である』福原達郎先生(福原矯正歯科クリニック)と『小児歯科医が関わった学校歯科健診後の勧告用紙改善までの経緯』佐藤厚先生(さとう子ども歯科医院)の発表がありました。
矯正歯科医の中でも大御所の福原先生が一般講演をされるとはとてもビックリしました。


ランチョンセミナー(オープンクリニック)は『Happy Together 〜関わることができたすべての人と共に幸せになるために〜」今泉三枝先生(今泉歯科)と『チーム歯科医療の中の一員として』渡辺里香先生(つちやま歯科医院 U20部)が講演されました。

私は豊橋市歯科衛生士専門学校の就職説明会に出席するためにここまでの参加でしたが、とても有意義な2日間の第18回成育歯科医療研究大会でした。豊橋で開催してくれて多くの先生が豊橋を訪れて下さって良かったです。大会長の近藤俊先生ありがとうございました。

追伸、豊橋市歯科衛生士専門学校の就職説明会が終わってから近藤大会長と待ち合わせて、彼の慰労会を豊橋駅前の焼き鳥喜多川で行いました。彼の教え子も合流して、また、矯正歯科について熱い激論を交わしてしまいました。